スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箕面大江戸温泉までの坂

箕面温泉が破綻するまでよく通っていたものだから、ふと気になって登ってみました。

R176をずっと北上して豊中駅から箕面高校、牧落まで大体片道13km。
平均勾配いくつだろ。緩やかな上り坂が北摂山系手前まで続く。
で、箕面駅の裏側、徳尾橋から本格的な登坂が始まる。
500m弱の区間だが、ここで海抜が85mから155m位に一気に上がる。
北摂山系の敷居は玄関口からして高い。
といっても最初は10-15%程度のなんとかシッティングで対処できる坂だ。
ダンシングの技術があるならしっかりハートレート管理しておいたほうがいい。
閑静な住宅街を四回ほどL角に曲がると一段斜度がきつくなるT字路にくる。
ここを右折すると地獄の釜開きだ。(左にいっても半開き)
平均勾配20%、最大瞬間勾配約26%の激坂が150m程続く。
いつも車でしかこないけど車ですらローで悲鳴を上げる道。
北摂のカペルミュール。
といっても◎舗装ではなく極めて上質な路面が続く。

ラーメン食べた直後だし、3.4kgの鉄下駄だし、心折れてるし
ということで二回ほど止まったが、インナートップだとケイデンスが回りすぎて
心拍限界がきてしまった感じだ。案外落ち着いて2枚落とせば行けたのかもしれない。

勝尾寺、滝行きのルートは人気があり情報も多いのだがこちらは、
道幅十分とはいえ生活道であり温泉客の車も日時により結構多いし、
短距離なこともあって誰も行かないようだ。

脚に覚えのある方にはおすすめ。
ただ見通しが悪い直角コーナーの連続なのでダウンヒルにはおすすめしません。
というかブレーキ放せません。

ちなみに箕面温泉が大江戸温泉になってからは一度だけ行きましたけど、
昔の公立大銭湯な感じがなくなって垢抜けましたね。風呂は狭くなりましたけど。
料金の関係と夜景が綺麗なのでこちらは夜に車か電車で来ることをおすすめします。
自転車で来る人あまり見たことないです。
スポンサーサイト

競輪グランプリ2014 @岸和田

西日本初の競輪グランプリ。
一着賞金1億170万円。(170万円は僕にくれないかな)
面子が面子なだけに当てにいって当てられるものではない。
競輪はいつでもそうだが。

穴の岩津も綺麗に落車した。
深谷はまだまだ病み上がり。
浅井はレース前周回の時点で気合入りすぎ。
終わればあり得る組み合わせ。終わるまでは考えにくい組み合わせ。
ギャンブルってそういうものです。

最後は大声で叫んでたから写真撮る余裕なんてなかった。
写真だけ観るとまるで平原がゴールしたみたいだな。

おめでとう武田。ありがとう浜村淳。



Fiks:Reflective をホイールに貼り付け

Fiks:Reflectiveは3Mの高反射素材をホイール経に併せてシールにしたものだ。
元は思いつきみたいなものだったのだろうが、KICKSTARTERで2日経たず目標額に届き商品化された。
ベンチャー精神此処に極まれりといったところだ。

↓youtube動画埋め込み↓ Adblockが働いていると観れないようだ


国内ではANTENAという会社が独占販売している。
ホイール経にもよるが概ね2,000-2,500円(ただし1セットで片輪分)。
テープ幅は7、10、14mmの3種がある。Amazonでは自分が欲しかった赤色が14mmにしか設定されていなかった。

ディープリムなので問題なかったが、幅はよく考えたほうがいい。デザイン的に。
日中は問題ないだろうが、反射環境が整うとかなり目を惹く。(かといってサイトにあるような完璧な反射という程でもない)
グルっと円周に貼り付けるのが標準的のようだが、自分は予算の問題とセンス?で3点張りとした。

DSC_0021.jpg
DSC_0023.jpg
DSC_0024.jpg

非反射時と反射時、どちらもアウグスブルクとよく馴染んだと思う。
ちなみに◯型のシールとメーカーロゴ(F型シール)が付属する。全てではないが思うところに貼り付けてみた。
「F」はシートポスト裏に張ってリア方向の保安機能の役割をもたせた。シートステーにもシールを刻んで張った。
日の丸として車体ロゴの前に張ったり緑白の横に張ってイタリアントリコロールにしたり。

張り終わって気付いたが、ドイツ名の車体に日の丸とイタリアンカラー・・・

このバイク、枢軸国である。

BBB テックストップ BBS-22 カートリッジ式ブレーキシュー

購入したアウグスブルクにはテクトロのキャリパーブレーキが取り付けられていた。
レースに出る訳でもダウンヒルを攻める訳でもないけれど、高速巡航の際に制動力がやや心もとない。
キャリパーごと交換する程でもないだろう。というわけでヤフオクで入手したテックストップ BBS-22(生産終了)を取り付けた。

BBBブレーキシュー

カートリッジ式でシュー部分が3層に分かれている。
>1.泥への耐久性
>2.高制動力
>3.きしみ音の防止

性能はほどほどしか求めていないがカートリッジ式がいいなと思っていたので満足。
SHIMANOとSRAMに対応していて互換性も良好、何より4個1セットでリーズナブル。
(それすら買いたくなくてヤフオクにした訳だが)
現在はBBS-22Tというシューが3色に別れた物が販売されているようだ。
台座は黒とクロームの2色。本当は黒が良かったが、これはこれでありだ。
付けた直後は前後に傾きが存在し隙間があるが、こういうのはどんな乗り物でも同じだな。
アタリが出たら改めて感想を述べよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。